デメリットも把握することが大切!?短期間で売却が実現する不動産買取の雑学をご紹介

このサイトでは、不動産買取にはじめて挑戦する方にとって、有益になる情報を色々な視点から御紹介しています。
引っ越しや相続などがきっかけになって、不要になってしまった不動産を迅速に処分したいというニーズに対応しているのがメリットです。
全体の流れを把握して、スムーズに手続きを進めることを意識するのが成功のために心掛けるポイントです。
心配になる瑕疵担保責任の内容や免責できる余地があることなども抑えておきましょう。

デメリットも把握することが大切!?短期間で売却が実現する不動産買取の雑学をご紹介

不動産買取のメリットは何よりも、迅速に処分を進めることが出来て現金化までが早いということにあります。
しかし何ごとにもメリットだけでなくデメリットもあり、両者を踏まえて決断することが求められます。
まず不動産買取のデメリットとして確認しておきたいのは、相場よりも売買価格が低くなる傾向があることです。
通常の不動産取引では複数の購入希望者が出現する余地があり、競争原理が働きます。
不動産買取は不動産会社の意向に左右されるので安い価格になりがちなのです。

不動産買取は仲介の売却より手間をかけずにスピーディーに不動産を手放せる方法

手持ちの土地や住宅を売る場合、通常は不動産会社に買い手探しを依頼します。
そして購入者が見つかった時はその相手を売買契約を結ぶとともに、不動産会社に手数料を支払います。
この手法を、仲介といいます。
一方、不動産会社に直接物件を買い取ってもらう方法もあります。
こちらは、不動産買取と呼ばれています。
不動産会社の中にはどちらか一方を選べるようになっているところもあれば、いずれか1つに特化しているところもあります。
不動産買取における最大のメリットは、現金化までのスピードが速いことです。
仲介であれば一定の期間を設けて営業活動を行い、買い手が現れるのを待つ必要がありますし、その後も物件の内覧のためにスケジュールを調整したり、買い手側のローン審査が通るのを待ったりする必要もあります。
しかし不動産買取であれば、売り手と不動産会社との間で価格や引き渡し時期などについて合意できればただちに契約成立となるので、時間を大幅に節約することができます。

不動産買取は仲介手数料が発生しない売却方法

不動産買取では仲介手数料は発生しません。
一般的に不動産を売却するとなった場合、不動産会社に連絡をして間に入ってもらい、希望する価格で購入してくれる人を探すことが多いです。
このケースでは、首尾よく買い手が現れて売買成立となった場合には、一定の手数料を不動産会社に支払います。
仲介をしてくれた対価だということもできますし、不動産会社にとっては貴重な収入源の一つになっていることも多いです。
ところが、このように誰かに買い取ってもらうのを待つということではなく、不動産会社に直接購入してもらうことも手としてはあるわけで、これを不動産買取と呼びます。
このケースでは、不動産会社は別に売買する人の間を取り持ったわけではありません。
つまり仲介したわけではありませんので、その手数料が発生することもないわけです。
ただし売却価格がこちらのほうが常に有利かというとそうとは言い切れませんので、その点は十分に考えておく必要があります。

不動産買取は媒介契約を結ぶ必要がない

不動産は資産価値が高いため、取引金額も巨額になりおいそれと購入希望者を見つけることはできないという特殊事情があります。
売主と購入希望者を結びつけるサポートをしているのが不動産会社です。
不動産会社と購入希望者は購入希望者を媒介してもらう契約を締結し、売買契約が締結されると成功報酬として仲介手数料を不動産会社は受け取ることになります。
不動産会社は広告活動や専門登録機関であるレインズに物件情報を登録して、日本全国をフィールドに購入希望者を募ります。
しかし訳アリ物件であったり、一刻も早く処分したいなどの事情を抱えているときは媒介売却は難しいため不動産買取を選択する傾向があります。
不動産買取では不動産会社が直接の買主になるので媒介契約を締結する必要がありません。
それは購入希望者を探してくる必要がないからです。
したがって媒介契約に基づく仲介手数料を支払う必要がないだけ、不動産買取はコストは安くなっているというメリットがあります。

買取保証は仲介売却で売れないとき不動産買取を行うサービス

土地や住宅などの売却を不動産会社に依頼する時は、不動産会社が買い手を探して取引をまとめる仲介と、不動産会社自身が買い手となる買取という2つの方法のいずれかを利用するのが一般的です。
しかし、さらに第三の方法として、この両者の特徴を併せ持ったような売却法もあります。
それが、買取保証です。
この方法は、不動産仲介と不動産買取を連結させたような売却法です。
すなわち、最初は仲介のかたちで買い手を探すものの、一定期間内に契約がまとまらなかった時は、不動産会社が自ら物件を買い取るというものです。
一般に、不動産の売却価格は買取よりも仲介の方が高くなる傾向にあります。
その一方で、不動産買取には仲介と違って不動産会社と契約したのに買い手が現れないかも知れないという心配をする必要がありません。
買取保証は、この両者のメリットをともに生かした売却法です。
できるだけ高値で売りたいが、もしそれが不可能でも決められた期間内には確実に物件を売ることができます。

著者:逸見隆之

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
家庭の事情で去年自宅を売却。
その時の経験を基に不動産買取について記事を書きました。
京都で不動産買取を